設置に掛かる費用

監視カメラの設置を検討している人にとって、その費用は大変気になるところですよね。業者やカメラの機種によってその費用には幅がありますが、どのような費用を想定すれば良いのでしょうか。監視カメラ設置にあたっては、費用として「機器代金」と「設置費用」が必要になります。高機能な監視カメラほどその価格は高くなり、多くの台数を設置するほどその設置費用は高くなります。

購入者が自力で設置できる場合には「機器代金」のみの出費で済みますが、自力で設置する場合には位置選定や配線に苦労する事になります。素人がよく分からない設置作業をするよりは、専門業者に任せた方が良いでしょう。ここで肝心の費用総額ですが、一般的に5万円/設置台数が相場と言われています。つまり2台設置であれば10万円、4台設置であれば20万円が費用です。ただし、配線が複雑だったり距離が長かったりする場合には、設置費用が加算されます。

以上が監視カメラの設置費用に関してですが、監視カメラ設置にあたっては「メンテナンス費用」も同時に考えなければなりません。監視カメラは機械ですから、故障があり得ますし長年使っていると寿命も来ます。監視カメラを選ぶ際にはその機能の多さや値段の安さだけでなく、耐久性やメンテナンスのし易さも考慮したいところです。

店舗への導入方法は?

店舗に監視カメラを導入する前に、「何故監視カメラが必要なのか」をはっきりさせておきましょう。必要な理由から監視カメラに必要な機能が割り出せて、無駄な機能を付ける事を防ぐ事ができます。店舗に実際に監視カメラを導入する場合には、専門業者にお願いする事になります。専門業者に設置を依頼すると、以下のような手順で監視カメラの設置が進んでいきます。

まず、業者が設置場所を下見に入ります。監視カメラを設置する場合にはその位置・方向選びも重要ですから、業者と相談しながら最適な配置を見つけましょう。場所を実際に見分したら、実機でのデモ体験です。業者によっては実機でのデモ体験をさせてくれます。実際に運用した場合にどのように監視カメラを利用できるか、設置前に知る事ができるのです。導入後のイメージがより具体的になるため、できれば体験ができる業者を選ぶとよいでしょう。

満足したら、見積もりの依頼をします。見積もりを提示してきたら、費用と内容の確認をしましょう。複数の業者に見積もりをお願いしている場合には、監視カメラの機能も考えつつできるだけ費用対効果の高い選択をしましょう。その後は契約・設置工事という流れになります。設置工事が完了したら、改めて動作確認と機器の操作説明が実施されます。

監視カメラの機能

監視カメラの機能はカメラの機種によって様々ですが、現代では多くの便利な機能が使用可能です。主なものには、録画はもちろん、遠隔操作、映像のアップロード、暗所で役立つ赤外線カメラに、逆光補正があります。

まず、当然ながら監視カメラはリアルタイム監視だけでなく録画が可能です。録画した映像を記録する媒体としては以前はデジタルビデオレコーダーなどの録画装置が必要でしたが、現在ではmicroSDカードなどの記録媒体にも記録が可能です。また、最新の監視カメラは遠隔監視が可能です。監視カメラをインターネットに接続する事で、簡単にパソコンやスマートフォンから遠隔監視が可能になるのです。

さらに、記録された映像はネット上にバックアップをとることもできます。こまめにデータをアップロードしておけば、記録媒体の故障は破損があったとしても、データは残るため安心です。加えて、赤外線カメラなど特殊なものも監視カメラとして利用できます。夜間の真っ暗な店内であっても、赤外線カメラならばしっかりと店内の映像を記録します。そして、昼であっても逆光補正などにより鮮明な映像が記録可能です。監視カメラは今や、24時間365日のいつであっても店内で起こった出来事全てを正確に記録できるようになったのです。

店舗における監視カメラの必要性

「監視カメラ」と言えばそもそも、以前は銀行などのごく限られた場所でしか見かけませんでした。銀行に監視カメラがある理由は2つあり、1つには「銀行強盗ができないよう圧力をかけるため」、もう1つの理由は「銀行強盗が発生した場合に犯人の映像を記録するため」です。以前は限られた場所でしか見なかった監視カメラも、現在では非常に多くの場所で見かけます。コンビニや飲食店、アパレル関係、理美容関係など、私達が客として利用するありとあらゆる場所に監視カメラは設置されています。

店舗に監視カメラを設置する理由には、当然銀行と同様に「犯罪防止」、「犯罪発生時の映像記録用」という側面もあります。しかし現在では、以下のような理由から店舗に監視カメラが必要であると考えられるようになってきています。店舗において監視カメラが必要な理由は、犯罪発生の未然防止と犯罪発生時の映像記録用はもちろん、言いがかり発生の未然防止、クレーム発生時の事実確認用などにもあります。そのほか、接客態度の反省用や客の来店状況の記録など、サービスの改善にも役立てられます。

業種や業態によっては、上記の理由以外でも監視カメラが必要な事があるでしょう。このように今の時代においては、店舗に監視カメラは無くてはならない存在なのです。監視カメラも日々進化しており、その機能には様々なものがあります。昔からある「録画」機能の他にも「遠隔操作」や「映像のアップロード」、「赤外線カメラ」や「逆光補正」といった様々な機能があるのです。また店舗に実際に監視カメラを導入する場合には、専門業者にお願いする事になります。以下で「監視カメラの機能」、「店舗への導入方法」などを詳しく見ていきましょう。