店舗における監視カメラの必要性

「監視カメラ」と言えばそもそも、以前は銀行などのごく限られた場所でしか見かけませんでした。銀行に監視カメラがある理由は2つあり、1つには「銀行強盗ができないよう圧力をかけるため」、もう1つの理由は「銀行強盗が発生した場合に犯人の映像を記録するため」です。以前は限られた場所でしか見なかった監視カメラも、現在では非常に多くの場所で見かけます。コンビニや飲食店、アパレル関係、理美容関係など、私達が客として利用するありとあらゆる場所に監視カメラは設置されています。

店舗に監視カメラを設置する理由には、当然銀行と同様に「犯罪防止」、「犯罪発生時の映像記録用」という側面もあります。しかし現在では、以下のような理由から店舗に監視カメラが必要であると考えられるようになってきています。店舗において監視カメラが必要な理由は、犯罪発生の未然防止と犯罪発生時の映像記録用はもちろん、言いがかり発生の未然防止、クレーム発生時の事実確認用などにもあります。そのほか、接客態度の反省用や客の来店状況の記録など、サービスの改善にも役立てられます。

業種や業態によっては、上記の理由以外でも監視カメラが必要な事があるでしょう。このように今の時代においては、店舗に監視カメラは無くてはならない存在なのです。監視カメラも日々進化しており、その機能には様々なものがあります。昔からある「録画」機能の他にも「遠隔操作」や「映像のアップロード」、「赤外線カメラ」や「逆光補正」といった様々な機能があるのです。また店舗に実際に監視カメラを導入する場合には、専門業者にお願いする事になります。以下で「監視カメラの機能」、「店舗への導入方法」などを詳しく見ていきましょう。