監視カメラの機能

監視カメラの機能はカメラの機種によって様々ですが、現代では多くの便利な機能が使用可能です。主なものには、録画はもちろん、遠隔操作、映像のアップロード、暗所で役立つ赤外線カメラに、逆光補正があります。

まず、当然ながら監視カメラはリアルタイム監視だけでなく録画が可能です。録画した映像を記録する媒体としては以前はデジタルビデオレコーダーなどの録画装置が必要でしたが、現在ではmicroSDカードなどの記録媒体にも記録が可能です。また、最新の監視カメラは遠隔監視が可能です。監視カメラをインターネットに接続する事で、簡単にパソコンやスマートフォンから遠隔監視が可能になるのです。

さらに、記録された映像はネット上にバックアップをとることもできます。こまめにデータをアップロードしておけば、記録媒体の故障は破損があったとしても、データは残るため安心です。加えて、赤外線カメラなど特殊なものも監視カメラとして利用できます。夜間の真っ暗な店内であっても、赤外線カメラならばしっかりと店内の映像を記録します。そして、昼であっても逆光補正などにより鮮明な映像が記録可能です。監視カメラは今や、24時間365日のいつであっても店内で起こった出来事全てを正確に記録できるようになったのです。