設置に掛かる費用

監視カメラの設置を検討している人にとって、その費用は大変気になるところですよね。業者やカメラの機種によってその費用には幅がありますが、どのような費用を想定すれば良いのでしょうか。監視カメラ設置にあたっては、費用として「機器代金」と「設置費用」が必要になります。高機能な監視カメラほどその価格は高くなり、多くの台数を設置するほどその設置費用は高くなります。

購入者が自力で設置できる場合には「機器代金」のみの出費で済みますが、自力で設置する場合には位置選定や配線に苦労する事になります。素人がよく分からない設置作業をするよりは、専門業者に任せた方が良いでしょう。ここで肝心の費用総額ですが、一般的に5万円/設置台数が相場と言われています。つまり2台設置であれば10万円、4台設置であれば20万円が費用です。ただし、配線が複雑だったり距離が長かったりする場合には、設置費用が加算されます。

以上が監視カメラの設置費用に関してですが、監視カメラ設置にあたっては「メンテナンス費用」も同時に考えなければなりません。監視カメラは機械ですから、故障があり得ますし長年使っていると寿命も来ます。監視カメラを選ぶ際にはその機能の多さや値段の安さだけでなく、耐久性やメンテナンスのし易さも考慮したいところです。